大根の話

大根は泥を落として、皮を剥いて、料理をして、お皿に盛って
やっと人に食べさせることができる。

畑から獲れたままの大根を食え、と言われてもそのまま食べる
ことはできない。

それと同じで「ありのままの私を愛して」というのは無理。


このお話は、「オーラの泉」での美輪明宏さんのお話です。

江原啓之さんはこのお話が大好きなのだそうです。


posted by オーラの泉のスピリチュアル at 17:35 | 美輪明宏氏の言霊

獅子の座布団

昔は、お父さん、お母さん、子供、お客さんと
それぞれに座布団が決められていた。

お父さんがいないときに、子供がお父さん用の座布団に
座ると怒られた。

そうすることで、父親が出張などで不在でも、父親の威厳が
保たれるようになっていた。
posted by オーラの泉のスピリチュアル at 17:16 | 美輪明宏氏の言霊
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。